古いアパートに住むということ

お風呂の追いだき機能のないアパートでの生活

古いアパートに住むということ 私たち夫婦は、結婚してアパート暮らしを始めました。アパートを探すにあたって、気にいった物件を見つける事が出来て、非常に満足して生活しています。しかし、入居当初からどうしても気になっていた事があったのです。それは、お風呂に追いだき機能がなかったことです。主人の帰りが遅くなった時は、お風呂を入れなおさなければいけないので、水道代や光熱費が高くなってしまうのではないかと心配だったのです。

しかし、生活してみるとそんな事は気になりませんでした。その理由は、そのアパートが水道代が安かったからです。水道代の計算方法を聞いて驚いたのですが、たくさん使っても、基本料に500円程度が加算される程度だったのです。そのため、水の節約はあまり考えなくても良い物件だったのです。そして、一緒に生活してみてわかったのですが、私の主人は仕事で遅くなった時にはお風呂には入らず、シャワーだけで良いという考え方の人だったのです。そのため、私たちは主人が早く帰宅出来そうな時には一緒にお風呂に入ったり、すぐに交代してお風呂に入るようにしています。帰宅が遅い時には、私だけお風呂を入れて入っています。色々なラッキーな条件が重なった結果ですが、追いだき機能がなくても快適な生活が出来ているので、満足しています。

お薦めサイト



Copyright(c) 2022 古いアパートに住むということ All Rights Reserved.