古いアパートに住むということ

アパート物件を探す時にこだわったこと

古いアパートに住むということ 私は結婚したので、引っ越しをしてアパートで暮らし始めました。新婚生活を始めるにあたって、アパートの物件を探す時にこだわった点について書きたいと思います。まずは、和室がある事でした。私たちはベッドよりも布団派でした。ベッドを置くと部屋が狭く感じますし、ベッドを置くスペースを考えると家具の配置が限られてしまうと感じたからです。そのため、寝室は和室にしたいと思っていました。また、子供が生まれた時には和室で子供を遊ばせて、畳のぬくもりを感じてほしいと思っていたので、和室のある物件を探しました。

2つ目は、収納についてです。私は結婚前に、ワンルームマンションで一人暮らしをしていたので、生活していると荷物が増えるという事を知っていました。しかも、結婚すると2人分の荷物をしまわなければいけません。また、子供が生まれた時にはさらに荷物が増える事が予想されます。そのため、タンスなどの家具を置かなくてもよく、十分な収納スペースがある物件を探しました。今の物件は、和室に押し入れがありますし、養子の方にもウォークインクローゼットがあるので、まだ荷物が増えた時にも対応できそうです。このようなことにこだわってアパート物件を探しました。

お薦めサイト



Copyright(c) 2022 古いアパートに住むということ All Rights Reserved.